借金返済 ローンの返済

MENU

借金返済の為にローンの事を知ろう!

借金を返せずに困っている方はたくさんいると思います。
ただ闇雲に返済をするのではなく、沢山の知識を身に付けておいた方が得策であるでしょう!

 

このサイトではローンに関する知識を深めてもえれば・・・と思っております。
借金返済の解決策として是非ご利用ください!

 

5つの方式

 

ローンの返済方式は、限度ローン、満期日時償還、元本均等分割返済、元利金均等分割返済、満期指定償還額の返済の合計5つに分かれています。

 

借金返済,ローンの返済

 

限度ローン

 

限度ローンは、個人の信用に基づいて、金融機関からの一定規模の信用限度を決めておいて、その範囲内で、消費者が必要になるたびに、融資を受けて書くことができるようにする方法です。限度内で自由に引き出して有効期限に全額返済する方式ですね。約定限度内で自由に入出金が可能で融資がなされた部分にのみ利息発生するが、金利は相対的に高い方です。限度融資は残高がマイナスになることもあり、信用を信じローンくれる場合もあります。使用目的にかかわらず、消費者が頻繁に借りることができます

 

 

満期日時償還

 

 

次に、満期一時償還は約定期間中利子だけ負担している途中の有効期限にローンの全額を返済する方式をいい、一時返済ローンとも呼ばれます。これは、一定の期間、一定規模の資金を融資受け、毎月利息のみの支払い途中、元金は契約期間が終了する一括で支払うか、または、再延長する方式です。一時償還は借用した元金を一定期間が経過した後、一度返済方式を意味します。これは、利息を満期に元本のように納入する方式とローン受ける時点で利息を先に抜いて借りる方法に分けられます。先の利子を支払う割引法の場合、実質金利が単離計算による金利よりも高くなります。

 

 

先の利子支払いの場合

例えば、100万円を単離し、10%で5年間借りれば、元利金返済額が150万円(利子50万円を含む)です。しかし、割引法を適用する場合は、お金を借りる時点で5年間の利子50万円を先に支払うことになって、残りの50万円だけを使用できるようになります。5年後に100万円を返済するため、最終的には20%の利子で融資した結果を生みます。

 

元金均等分割返済

 

元金均等分割返済は貸出金を約定期間に均等に分け、毎月元金が均等返済されるようにする方法です。つまりますます利息が減るようですね。毎月一定の収入があるとき適当であり、償還された元本が増えることによって、ローン残高の利息が減り、借金返済が毎月減るという特徴があります。

 

元利金均等分割返済

 

元利金均等分割返済は元利金(元金+利息)を毎期間均等に返済していく方式です。すなわち、負債返済額を毎月同じ金額で継続して返済します。初期には、元金の返済の割合より利息支出額の割合が高いが、徐々に元金の返済比率が高まっていく形です。この方法は、返済する元金と利息が一定なので資金計画を立てるに容易であるという利点があります。

 

満期指定償還額の返済

 

最後に、満期指定返済額返済は貸出金の一部を約定期間に分けて返済し、残りを満期に一時償還する方式です。一定期間少額を返済した後、満期に残高を返済するため、約定期間中であり、返済の負担が減る利点があるが、当然に負担だという欠点もあります。

 

 

ローンリスクチェックリスト

01将来的には家庭でお金を使わなければなら内容(財務目標)に対して計画を立てて見たことがありますか?
@ 考えたことが全くない。(0点)
A5 年以内短期間に使わなければならない所は、具体的に考えてみたそれ以上は漠然としか考えてみた。(1点)
B お金を使わなければならところについて長期/中期/短期に分け、具体的に計画を立てている。(2点)

 

02。家庭で準備している緊急資金規模はどのくらいですか?
@ マイナス通帳、クレジットカード、利用規約ローンなどを使用する予定である。(0点)
A 準備している緊急資金が月の収入の300%未満である。(1点)
B 準備している緊急資金が月の収入の300%以上である。(2点)

 

03。現代ローンを使用していますか?
@毎月の収入の30%以上がローンの利子で支出されている。(0点)
A 毎月の収入の20%以上がローンの利子で支出されている。(1点)
B 毎月の収入の10%以上がローンの利子で支出されている。(2点)
C 毎月の収入の10%未満がローンの利子で支出されている。(3点)

 

04。ローンを使用している場合どのようなローンを使用していますか?
@ 現金サービス、カードローンやローン会社と個人社債などの金利20%以上のローンを一部使用しているか、使用する予定である。(0点)
A 銀行等の第1・第2金融圏の金利10%未満のローンを使用している。(1点)
B 融資を使用していない。(2点)

 

05。現在のローンを使用している場合は、融資額を正確に知っていますか?
@ 融資額を正確に知っていない。(0点)
A クレジットカード現金サービスを除いた融資額を知っている。(1点)
B 現金サービスを含む融資額を知っている。(2点)
C ローンを使用していない。(3点)

 

06。マイナス通帳を持っていますか?
@ マイナス通帳を持っており、頻繁に使用している。(0点)
A マイナス通帳を持っていますが、使用していない。(1点)
B マイナス通帳を持っていない。(2点)

 

07。配偶者または家族が知らないローン(現金サービスを含む)を受けていますか?
@ 家族が知らないうちに融資を受けている。(0点)
A すべてのローンについて、家族と一緒に相談して、家族も履歴を知っている。(1点)

 

08。金融会社から融資受ける時ローンの利子も駆け引きをすることができると思いますか?
@ 百貨店正札制のように金融会社の融資金利は駆け引きの対象ではない。(0点)
A よく駆け引きをすると規定された割引に加えて割引も可能である。(1点)

 

09。ローン商品やファンドなどの金融商品を選択する際の選択基準は何ですか?
@ ほとんどの金融会社の従業員が推薦する商品と条件を選択する。(0点)
A 友人、職場の同僚など知人の話を聞いて選択する。(1点)
B 自分のインターネットや関連資料を参照して選択する。(2点)

 

10。金融会社から融資を利用している場合は融資条件をよく知っていますか?
@ ローンを使用しているが条件に対してよくない。(0点)
A 融資を使用しており、条件にもよく知っている。(1点)
B 融資を使用していない。(2点)

 

11。担保として提供することが、不動産(マンション、土地など)や金融資産(例:貯金など)があるにもかかわらず、信用貸付を利用していますか?
@ 信用融資が便利で融資を利用したり、利用したことがある。(0点)
A 手続きが複雑でも住宅ローン金利が安いので住宅ローンを利用する。(1点)
B 融資を使用していない。(2点)

 

12。ローンの利子以上の収益のためにローンを使用していますか?(例えば、アパートや株式などの投資のために思い切ってローンを利用している。)
@ 投資のために思い切ってローンを用いることが好ましい。(0点)
A 不確実な投資収益率のために融資を受けることは望ましくない。(1点)

 

13。現在のローンを使用している場合はローンの返済計画を立てて見たことがありますか?
@ 返済計画を立てて見たことが全くない。(0点)
A 返済計画を立てて実践しようとしている。(1点)
B 融資を使用していない。(2点)

 

14。消費者金融から「1ヶ月の間無利息」でローンをしてくれるするTV広告がある場合はどう思いますか?
@ 融資受けて1カ月以内に返済なら無条件利点である。(0点)
A1 ヶ月無利息の利点以上に、今後不利益がある可能性があると考えている。(1点)

 

15。知人が保証をお願いして家族こっそり保証を立ち、立ってくれた経験がありますか?
@ 家族こっそり保証を立ちたり、立ってくれた経験がある。(0点)
A 保証をしてくれたが、家族と相談した後、保証人になった。(1点)
B 保証は立ってくれたこともなく、今後も保証を立たない。(2点)

 

 

更新履歴